クレジット

CGI掲示板電光!の解説ページ
PhotoGalleryWebRing

松川浦の日の出ドライブ

日 時2006年 9月 22日(金)~23(土)
目的地福島県相馬市松川浦(東京から)
経由地東北自動車道、霊山(りょうざん)、福島県いわき市
茨城県の田園風景
走行距離797.6km

松川浦までの行程
22:00自宅出発(東京都大田区)
23:28草加ガソリンスタンド
00:38上河内SA到着
01:05上河内SA出発~矢板IC
03:17福島市(国道6号線)~霊山(国道115号線)
04:50松川浦到着(福島県相馬市)
06:15松川浦出発
09:10白水阿弥陀堂
11:13いわき市
14:10寄り道
16:22ガソリンスタンド
18:01サンクス
18:35中村橋陸橋~谷田部IC
21:27自宅到着
突然に、ドライブに行きたくなった。 少し遠いところが良いと思ったんだけど、行き場所探す時間も惜しいくらいに、今すぐに遠くへ行きたくなった。 そういう時には、福島県の松川浦に日の出の写真を撮りに行く。 さっそくYahoo! 天気で天気予報を見てみると、前日までは少し曇っていたみたいだけど、この日の午前中は晴れの予報だ。 ただこの松川浦、過去に5回ほど行ったときには、全てが曇りか雨。 なかなか上手い具合に日の出の写真を撮影できないんです。 まあそれでも、行ってみないことにはなんともできないので、夜はちょっと遅い時間だったけど午後10時頃に自宅を出発した。

出発前に、仙台(松川浦から北へ100km)日の出の時間を調べてみると、それはだいたい午前5時24分ということだった。 この時間ならもしかしたら一般道で行かれるかもしれないと思って、初めは全行程を一般道で走ろうと思っていた。 家を出発して6号線に入り、千葉県に入った。金曜日の夜ということもあって、ここまではなんとか混雑もなく走ることができた。 ところが千葉県を少し進むと車の流れがゆっくりになってきた。 このまま6号線を進むとかなり時間をとってしまうと思って、6号線と平行に走るような道を探した。 でもやっぱり、ないんですね、これは(^^;。 かつて何回も探したこともあったんだけど、なかなか見つけられなくて、結局6号線を昇るか常磐道に入るか、でした。 ということで今回はちょっと趣向を変えて、東北自動車道を進むことにした。 まず草加のあたりまで外環の下を走ってガソリンスタンドを探して、ガソリンを給油した。 この時にガソリンスタンドで、セブンイレブンのレシートで割引される券を持っていたんだけど、それは午後10時までということで割引はされなかった。 そうして外環を草加から浦和を通って東北道に乗り、上河内SAでひとまず休憩した。 あんまり何も食べるつもりはなかったんだけど、でもやっぱり腹が減ってたから「あぶりラーメン」と言うものを食べた。 あぶり焼きされいてる豚肉(チャーシュー)が入ったラーメンだった。600円。 特筆することもないけど、豚肉にもっと味をしみこませた方がいいんじゃないかなー?

上河内ICで食事をした後、どこまで高速に乗るのかを決めることにした。 本来は全行程一般道だったから、なるべく早いうちに高速から降りたいんだけど、日の出の時間に間に合わなくてはせっかくの目的が果たされないことになってしまう。 そこで時間と残りの距離を計算し、すぐ先の矢板ICで降りることにした。 矢板ICから松川浦までの残り距離は200kmほど。 4時間もあるので、まあ良いんじゃないかなと踏んで、この計画で行くことを決めた。 深夜に6号線や4号線はとても空いていて、走っているときの平均は70km/時くらいで、信号も少ないのだ。 遅いトラックが前に走っていても道を譲ってくれるし、そうじゃなかったら多少の迂回をとっても良い。

そうして矢板で降りて4号線を北上。 思ったとおり、順調に走れて、3時過ぎに福島市に入った。 福島市から右に逸れることになるんだけど、さすがに福島市内はこんな時間でもネオンが光っていた。 深夜営業の店舗から出てくる車などもあって、営業も盛んのようだった。 そうして115号線に入った。 それまではあんまり気にしてなかったんだけど、福島県の内陸部から海に出るときには山間部を越すことになる。 阿武隈高地の最北部だ。 115号線は初めて走る道で、ちょっと入るとドライブ気分が高揚してきた。 山道を走るのはすごく好きなんだ(笑。 途中のセブンイレブンでひと休みしてトイレにも行って、準備は万端だ。 低い回転数でエンジンを回して、音楽も止めて、ナビの画面もオフにした。 メーターを照らすランプとフットライト(どっちもシガーソケットのLEDだけど)の薄明かりの中で、走っててすごく気持ちがいい。 だけどあんまりスピードを出すことはしないから、変なMk.IIに道を譲ったりした(悔。

そんなことで山の中を走っていると、少し寒くなってきた。 いちおうの防寒としてネルシャツを着てたんだけど、それでもまだ寒い。 道標にある電光掲示板に気温が表示されていて、それを見ると11度だった。 寒いわけだ。 それでも道はさらに標高を増してきた。 すると、道の脇に広い駐車場があって小屋がいくつか並んでいる場所に出て、それは霊山(りょうぜん)の登山口だった。 霊山の標高は825mと、山としてはそれほど高くはないけど、ここでの気温は6度だった。 こりゃ、寒いわけだ。 東京の夜は毎日暑かったから、ちょっと油断していた。 福島県は東北地方の南とは行っても、目的地のすぐ上は仙台になる。 海に出て風が強いと、ものすごく寒いのかもしれないなー、なんて思ったけどどうしようもないからひたすらに115号線を太平洋側まで走って行った。

暗い日の出
115号線を抜けると、そこは福島県相馬市の中心に近いところになる。 その辺りに来ると傾斜はなだらかになってきたけど、道幅が狭いので民家や商店に注意しながら進んだ。 松川浦に来たのはこれが何回目かだけど、内陸から来たことはなかったから、地図を見て道を確認して、松川浦の南へ到着した。 空を見ると、海の方はすこし雲が多かった。 そうして松川浦の道へと一気に入って、いちばん北にある駐車場に到着した。 松川浦の道路は、5km弱の直線道路がまっすぐになっている。 空がだんだんと白んできて、時間は5時を少し過ぎたところだった。 ほとんどぴったり、時間通りに到着できた。 北の方の道路脇にある駐車スペースに車を停めてカメラと三脚の用意をして、砂浜へ降りていった。

うろこ雲
そうして日の出の時間になったんだけど、水平線の上には黒っぽい雲がかかっていてやっぱり太陽は見えない。 翌日になって天気図を見たんだけど、東北地方の沖では台風が北上しているところだった。 これからは天気予報だけじゃなくて天気図も見ないとだめだなー。 でもうろこ雲が朝日に反射してきれいに光ってる写真や、朝の浜辺の写真を撮影した。 それからしばらくしてようやく雲の切れ間から太陽が少しだけ見えたんだけど、またすぐに上の雲の中に入っていってしまった。 前回には松川浦(海じゃなくて浦)を歩いてきたから、今回は海だけを見て、小1時間で松川浦を後にした。

マツダZoom-Zoom
原町火力発電所の砂浜
松川浦の帰りには、いつもいわき市に寄っている。 前回に来たときまで勤めていた写真屋の店舗がいわき市にあって、そこに押しかけて友人と会ってくるのだ。 ということでいわきまで下るんだけど、まだ時間がある。 それなので、早々に国道6号へ出ることはやめて、そのまま太平洋岸沿いの道を下ることにした。 途中で火力発電所に入っちゃって警備員に止められたってこともあったけど(笑、海沿いの道でときどき海を見ながら少し走っていた。 そのうちに道が農道っぽくなってきて、民家の庭みたいなところばっかりになって、ちょっと飽きてきて6号線を走ることにした。 ところで、福島県の内陸を縦に走っている、国道399号線という道路がある。 阿武隈高地の真ん中を長く通っている道路だ。 地図で見ると、一見はわりと広い道かと思うんだけど、その内実は山の中を走っている道なので、舗装はちゃんとしているけどなかなかな走り応えのある山道だ。 今回は行くのをやめようかと思ったんだけど、早朝の時間帯で車も少ないと思って、この道を走っていわきまで行くことにした。 上りの直線では2速にシフトして5000回回転近くまでアクセルを踏むと、とても小気味良い音がする。 なんてことをして遊んでから再び国道6号線にもどって、いわき市に入った。

白水阿弥陀堂は休み
さてそして、ファミレスを探しながら走ってたんだけど、毎度のことながらなかなかみつからない。 ずーっと走ってて、ときどきサイゼリアなんかがあっても開店時間が午前11時からで、どうにも福島県の外食産業にはやる気が見られない(笑。 そうしていわき市の街中まで来ると、「白水阿弥陀堂(リンクはgoogle の検索結果)」なんていう道標が見えた。 歴史で習った事があって、どんなところかは忘れたけどとにかく行ってみることにした。 ・・・はい。 休みの日でした。 しかも9月に1回しかない休みに、見事に当たりました。 以上、終了m(_ _)m。

鉄塔
それでなんとかデニーズを見つけて朝食を食べて、隣にあったブックオフでCDを買ったりしてから、友人が勤める店に急襲。 連絡もしてなかったからなんだけど、その人は休みで、知り合いと話をしてきた。 いつもならここで撮影した写真を出すんだけど、今回はリバーサルフィルムでしか撮ってなかったらフィルムは出さないでそのまま店を後にした。 時間は正午の少し前。 これから帰って、やっぱりずっと一般道を走っても夕方か夜の早い時間には家まで帰れるんじゃないかな、なんて思って国道6号線を南下した。 ところがいわき市からすぐに茨城県に入って高萩を過ぎ、常陸太田にさしかかったところで、道がとてつもなく混雑してきた。 少し迂回して常陸太田の渋滞は回避できたけど、ひたちなか市に来たところでまた渋滞だ。 このまま走っていると、この後は水戸、筑波、そして千葉県柏と、大きな都市が続くから、東京まで車のの列は続くだろう。 そうして地図を見て国道6号線から離れる道路と探しながらうろうろとしてたんだけど、結局どこかで国道6号線に乗らなければならない。 土曜日の昼なのに、みんなどこに行くんだろう。 それでもなんとか国道6号線に対して縫うように走りながら、夕方にはつくばの辺りに来た。

茨城の田園風景の夕日
ここでもやっぱり抜け道を探しながら走っていると、広い田園地帯に出た。 そこで見たのは、きれいな夕日!! 見渡す限り田んぼが見えて、遠くには筑波山(たぶん)が見える。 そこの田んぼに沈む太陽が反射して、緑がきれいに光っている。 道路の脇に車を停めて、そこでしばらく写真を撮っていた。 あー、こんな風景が見られたなら、時間をとっても回り道をして良かったなーと思った。

大井の夜景
それで結局、それからは道が良くわからなかったからおとなしく国道6号線に戻って、このまま東京まで行こうとした。 そうして進んでいくとつくばの辺りでのろのろ運転になって、眠気が一気に到来して危険を感じたのでサンクスの駐車場で30分くらい寝た。 国道6号に戻ると、やっぱり渋滞。 時間が遅くなったから、さらに混雑するだろうとは思ったんだけど、信号が青になると一気に進んだりもした。 けれど柏の手前になるとそういった進み方もままならなくなったから、常磐道に乗ってしまうことにして道を逸れた。 柏ICは入り口が込んでいることは知っていたから、ひとつ手前の谷和原(やわら)ICから常磐道に乗った。 三郷では料金所渋滞があって、首都高に入っても少し混雑はしていたけど、一般道を進むよりは早い流れだろう。 途中、守谷SAでトイレに寄ったんだけど、ここの駐車場がほぼ満車状態で、なるほどこれは混雑がひどいわけだ。 レストランも列を作っていて、フードコーナーでも食券を買うのに並ぶ人がいて、テーブルも埋まっていたのでカウンターで蕎麦かうどんを食べている人もいた。 9月最後の週末になるところで、大学生かな?と思う人たちが多かったな。 あと気になるところでは、守谷SAのあんかけ焼きそばがおいしそうだった(^^;。

三郷から外観に入る分岐では渋滞の列だったけど、首都高方面は概ね順調。 この前、なんとなく首都高を逆に回ってみたら渋滞が回避できたこともあって、今回もその道を走って家まで帰ってきた。 そうなるとレインボーブリッジを通ることはないんだけど、首都高6号線の夜景はきれいだ。 下りるICもいつもと違うところで、ICから下りた後で道をちょっと間違えちゃったけど、それでなんとか遅い時間にならないで帰ってくることができた。 いや、でも、久しぶりに長い距離を走って、楽しかったなー。

リンクまとめ:国立天文台天文情報センター Yahoo! 天気 セブンイレブンのレシートで割引 上河内SA 霊山(りょうぜん) 白水阿弥陀堂(リンクはgoogle の検索結果) 守谷SA

コメント (2)

Well this is depressing. Stop writing like that, your posts are spoiling your reader's mood. Boring.

Hey guys! You know what I think? I think that all written here is bullshit, real lie. They are making us believe it’s true, they are trying to express it like it was in reality. Don’t believe it if you are not insane! There’s nothing special in this site, they just express regular news with unusual words. They can make something shocking out of anything! Don’t trust them!

コメントを投稿

--- Nurburgring 用 ---
(タイヤ:N1,N2,N3 / S1,S2,S3)
コメント欄にドラッグ & ドロップできます